Barista Recipe Challenge


バリスタが淹れたレシピに
おうちでチャレンジ

The Time to Feel the BARISTA

Yasuhiro Shimokawa

下川 泰弘

Narrative Approach Coffee
主宰


軽井沢を拠点とした、EC・業務用卸を中心に展開しているロースター。ミディアム〜フルシティのレンジを得意としています。
直近ではイベント出店なども行なっており、ハンドドリップ、エスプレッソビバレッジの抽出設計も精力的に行なっています。

折りたたみ可能なコンテンツ

- 主な大会実績 -

2008年 SCAJ ジャパンカップテイスターズ エキシビジョン優勝 
2009年 SCAJ ジャパンカップテイスターズ チャンピオンシップ優勝
2010年 SCAE ワールドカップテイスターズチャンピオンシップ日本代表

- Hand Drip Recipe -

使用した豆について

豆の名称 / 原産国

- Yirgacheffe G/1 Washed
イルガチェッフェ
- ETHIOPIA
エチオピア

栽培エリア

- Yirgacheffe Idido
イルガチェフェ イディド

農園名 / 標高

- 300世帯の小農家
- 標高 2150 - 2300m

栽培品種 / 精製方法

- Krume / Walisho / 在来種
- ウォッシュト

焙煎度

- ミディアム

解説

ウォッシュドのイルガチェッフェらしいブラックティのような上品なフレーバー。レモンを思わす明るいアシディティ。余韻もしっかりとした華やかを持ったコーヒーです。

柔らかな酸味を感じていただきながら味わっていただけるように浅煎りをおすすめしています。

カッピングプロファイル:レモニー、ブラックティ、ホワイトグレープフルーツ、ミルクチョコレート、ブライトアシディティ、ロングアフターテイスト

レシピノート

基本情報

挽き目

ワンポイント

ブリューノート

基本情報

続きはアプリで確認👆

ブリュースコア

ブリュースコアについて

WABILOGIC Senz Vが計測したさまざまなデータを分析し、SCA(スペシャリティコーヒー協会)の基準に基づいたテイストプロファイルに当てはめた結果です。

*バリスタ個人の評定ではありません。

続きはアプリで確認👆

カフェ・レシピ情報

軽井沢の森の縁にあるCoffee Roaster(コーヒーの焙煎所)のNarrative Approach Coffee(ナラティブ・アプローチ・コーヒー)です。

世界のコーヒー農園から、ナラティブ(物語)を合わせて、ご紹介していきたいと思っています。

焙煎は、豆の個性を引き出すプロファイルの浅煎をメインに、バランスの良いハイロースト、エスプレッソ向けのシティ、アイスコーヒー用のフレンチなど、ご希望に合わせた焙煎もできますので、お好みがあればご注文時にお知らせください。

フレッシュなコーヒーをお届けします。

  • 主にどんな豆が販売されているのか、豆についてやこだわりポイント、おすすめポイントなどをを紹介しましょう
    超えても良いですが、150文字以下が最適です。

    豆の販売サイトへ 
  • 今回ご紹介のxxxxxのハンドドリップレシピはWABILOGICアプリで紹介されています。アプリをダウンロードしてレシピ詳細をチェックしてみましょう。Senz V本体を持っていなくてもアプリの使用は可能です。

    ダウンロード 
1 2